胃の不調で、お悩みの方へ

ジェネリック医薬品のメリット・デメリットとは?

先ほどの項目では、
ジェネリック医薬品とはどのようなものなのかを紹介しました。

 

 

ここでは、ジェネリック医薬品のメリット・デメリットとして、
どのようなものがあるのかを紹介します。

 

 

・ジェネリック医薬品のメリット

 

 

ジェネリック医薬品の一番のメリットは、
価格が安く抑えられていることです。

 

 

慢性的な病気で、毎日薬を飲んでいる場合には、
ジェネリック医薬品にすることで、
薬代を安くすることができます。

 

 

ですが場合によっては、あまり変わらない場合もあります。

 

 

先発品の形状が飲みにくいものだった場合に、
ジェネリック医薬品は、飲みやすく改良している場合もあります

 

 

・ジェネリック医薬品のデメリット

 

 

薬の主成分は同じなのですが、添加剤が違うために、
先発品とジェネリック医薬品とが、全く同じではないのです。

 

 

例えば、薬のまわりにコーティングしているものでも、
先発品とジェネリック医薬品とは、見た目は同じようでも、
成分が違っていて、薬の溶ける時間に違いが出たりします。

 

 

厳重なコントロールが必要な場合は、
ジェネリック医薬品は控えた方がよいと言われていますが、
そうでなければ、メリットは十分にあるのではないでしょうか。

 

 

わからないことは、お医者さんによく聞いて、
納得できれば利用した方がいいのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品のメリット・デメリットとは?関連ページ

胃がん手術から退院後のすごしかたは?
ジェネリック医薬品とは?
胃が荒れるとは?

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集