胃の不調で、お悩みの方へ

胃・十二指腸の病気に特徴的な予防の方法とは?

わたしもそうですが、皆さんは普段から
胃の病気について、あまり意識はしないと思います。
この項目では、胃・十二指腸の病気の予防の手立てを紹介します。

 

 

 

 

胃はみぞおちの辺りにある、袋状の消化器です。
胃では食べ物をいったんためておいて、
腸が吸収をしやすい状態の粥状にします。

 

 

胃は消化をするために、強力なさんである胃酸を、
自らが胃の中に出しています。

 

 

胃の表面は粘膜やアルカリ物質を出す粘膜で守られているので、
胃自らが出す胃酸で傷つくことはないのです。

 

 

ですが、胃酸から守る機能が低下しますと、
自分の出した胃酸で傷が付くことがあります。

 

 

胃には未消化の飲食物が直接入って、停滞時間も長いので、
刺激が強かったり、発がん性のあるものなどの、
影響を受けやすいのです。

 

 

このようなことからも、喫煙やアルコール、薬剤など、
胃を攻撃する原因はできるだけ減らして、
胃にやさしい生活を送りましょう

 

 

十二指腸

 

 

十二指腸の病気の予防する手立ては、胃の場合とほぼ同じです。

 

 

胃との違いは、すい液(たんぱくしつ・麦芽・脂肪を分解する)と、
胆汁(脂肪を分解する)という消化酵素が出ているることです。

 

 

もちろんこれらが直接十二指腸を傷つけることはないですが、
ピロリ菌感染にともなう慢性の炎症に関することで、
潰瘍などのさまざまな病気が引き起こされるのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集