胃の不調で、お悩みの方へ

日常生活で気をつけたいことは?(胃・十二指腸潰瘍)

普段の生活の中では、日ごろから意識をしまして、
胃や十二指腸の健康を考えながら、
すごすことはないと思いますがいかがでしようか。

 

 

ですが日常生活で、少しでも意識をして行動をしますと、
何もしないよりは予防になると思います。

 

 

そこでここでは、胃・十二指腸潰瘍について、
日常生活で気をつけたいことを調べてみました。

 

 

まず胃・十二指腸潰瘍は、酸分泌抑制薬などの適切な治療で、
2ヶ月程度の治療で治ります

 

 

ですが潰瘍になったら、治療をすれば良いのではなく、
なぜならば、一度潰瘍になりますと再発といって、
潰瘍になりやすくなるのです。

 

 

この再発をできるだけしないようにするには、
ピロリ菌がいる場合は、ピロリ菌の除菌治療をします。
ピロリ菌の除菌ができれば、再発はしにくくなるのです。

 

 

一方で、胃・十二指腸潰瘍の患者さんには、
潰瘍になりやすい日常生活や生活環境があることも考えられ、
以下のような日常生活の注意をまもりましょう。

 

 

@規則正しい生活を心がける。
A過労気味とならないよう、適度な休養を確保する。
B規則的な睡眠時間を確保する。
C精神的なストレスを軽減する。

 

 

胃腸はストレスなどの、精神的なことに影響されやすく、
ストレスが大きくなると、胃酸から胃をまもる粘液が減り、
胃酸も出やすくなりますので、潰瘍になりやすくなります。

 

 

・暴飲暴食はしないように、バランスのよい食事をしましょう。

 

・熱いもの・冷たいものは、胃に負担が大きいです。
 
・味の濃いものや刺激が大きいものは胃酸が出やすいので、
 食べ過ぎに注意しましょう。

 

・お酒の飲みすぎに注意しましょう。
 濃いアルコールの飲みすぎは、胃の粘膜を洗い流します。
 そうなると胃が傷つきやすく、潰瘍になりやすいのです。

 

・タバコは煙の成分が直接粘膜を傷つけて、
 粘膜の血の流れも減るので、潰瘍になりやすくなります。span>


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集