胃の不調で、お悩みの方へ

胃の病気の食生活で気をつけるポイントとは?

みなさんは普段から胃の事を考えて、
食事をしたりしていますか。

 

 

私は胃がんで入院して手術をして退院後は、
確かに色々と気をつけていました。
ですが最近は少し意識が薄れてきています。

 

 

ですので普段健康な方はあまり意識することは、
少ないのではないでしょうか。

 

 

そこでこの項目では、食生活で気をつけたいポイントを、
公表したいと思います。

 

 

・規則正しい食生活を心がけて、3食ちゃんと食べる

 

 

人間の身体は体内時計といって、一定のリズムで動いています。
1日に3回の食事は、リズムを安定させるためにも必要です。

 

 

朝食を抜いたり夜食を食べるのを控えて、
できるだけ同じ時間に食事をするようにしましょう。

 

 

・よくかんでゆっくり食べて、満腹になるほど食べない。

 

 

動けないほど満腹まで食べると、胃腸に大きな負担がかかります。
またそのような人は、早食いの傾向があるのです。
食事は時間をかけて、ゆっくりとよくかんで食べましょう。

 

 

・油の多い料理はほどほどに

 

 

揚げ物や、洋食、中華料理、ファーストフードなどの、
油を多く使用した食べ物は、胃に長く残っていて、
負担も多いですので注意しましょう。

 

 

特に外食では、油を多く使用したメニュがー多いので、
注意しましょう。

 

 

・刺激物はほどほどに

 

 

辛いものや炭酸飲料は、胃酸を多く出しまして、
胃壁が荒れる原因になるので、とりすぎに注意です。

 

 

・アルコールの飲みすぎに注意

 

 

アルコールは適量であればいいですが、
飲みすぎは百害あって一利なしです。

 

 

・タバコはひかえましょう

 

 

タバコも百害あって一利なしです。
自分だけでなく、まわりの人の健康にも悪いですので、
禁煙するのが好ましいでしょう。

 

 

・ストレスには気をつけましょう

 

 

ストレスはやけ食いや、アルコールの飲みすぎにつながりますので、
ストレスをためないように趣味をもつなどして、
ストレスを発散できる環境を作りましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集