胃の不調で、お悩みの方へ

胃の構造とは?

胃は、食道と十二指腸の間にある臓器です。

 

 

胃は、入口と出口が狭くなっていまして、
途中がふくらんで、袋状の構造になっています。

 

 

食道につながる入口付近を噴門(ふんもん)部
十二指腸につながる出口付近を幽門(ゆうもん)部
それ以外の部位を胃体部と言います。

 

 

胃は、全体が弓のように曲がっていまして、
噴門から幽門までが大きくふくらんでいる左側を大彎(だいわん)
ふくらみが小さい右側を小彎(しょうわん)と呼ばれています。

 

 

胃は病気の場所をわかりやすくするのに、3つに分けられていまして、
食道の方から、胃底部・胃体部・幽門前庭部と呼ばれているのです。

 

 

胃の上の方がと言いますのは、胃の手術を行うときに、
胃よりも下の方から開腹するために、
そこから見ると胃の中では、一番奥になるからなのです。

 

 

胃の壁は内側から、
粘膜層・粘膜筋板・粘膜下層・筋層と呼ばれていまして、
筋層の外側は腹膜で覆われています。

 

 

胃の粘膜層には、胃小窩(いしょうか)と呼ばれている、
微細な穴が無数に並んでいます。

 

 

胃小窩は、胃液を出す、腺管(せんかん)につながっています。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集