胃の不調で、お悩みの方へ

胃の働きとは?

食道から入ってきました食べ物は、噴門部を通りますが、
噴門部は食べ物や胃液が、食道に行かないようにしています。
次に食べ物は、噴門部から胃底部の方へ行きます。

 

 

胃底部は、食べた物をため込む所でして、
ため込んだ食べ物を、すこしづづ胃底部へ
そして幽門前庭部へと、送り出しているのです。

 

 

大食いの人は、胃底部大きくゆるみますので、
信じられないくらいに、食べることができるのです。

 

 

そして、食べ物は幽門前庭部から、幽門部を通りまして、
十二指腸の方へ送られていきます。

 

 

幽門部は、十二指腸から胆汁などの消化液が、
逆流をしないように、しています。

 

 

胃液とは、塩酸と消化酵素のペプシノゲンと粘液のことです。

 

 

ペプシノゲンは塩酸に会うと分解され、活性型のペプシンに変化します。
活性型のペプシンは、たんぱく質を分解する働きがあります。

 

 

粘液は胃酸などで、粘膜が傷つかないようにしています。

 

 

また、幽門前庭部からは、
胃の消化活動を活発化させるホルモンが、分泌されます。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集