胃の不調で、お悩みの方へ

吐き気・嘔吐にめまい(脳出血)

脳出血とは脳内の血管が破れまして、脳のなかが出血することです。
小脳は体のバランスに関係する脳なので、出血が起き障害が出ると
めまいとともに、吐き気が出ることがあります。

 

 

脳出血の原因は、高血圧が原因で起こる脳出血が最も多くて、
全体の70%になります。

 

 

高齢者は血管の壁にアミロイドが沈着して、
脳出血の原因になることがあります。

 

 

脳出血の症状は頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺(かたまひ)が、
多くの患者さんにみられます。
出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。

 

 

慢性期になっても何らかの後遺症が残る患者さんも多くみられます。

 

 

脳出血の検査方法は、CTが最も有用です。
脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳腫瘍による出血が疑われる場合は、
脳血管撮影が必要になります。

 

 

高血圧性脳出血の治療は、血腫による脳の損傷を軽くして、
再出血や血腫が大きくなるのをを防ぎまして、
圧迫によって血腫の周囲の変化が進まないようにすることです。

 

 

高血圧のコントロールは、脳出血の治療で最も重要になります。

 

 

そのほかの脳出血の合併症として重要なのは、
けいれん発作、発熱、消化管出血、電解質異常、高血糖、
下肢静脈血栓症などで、それぞれに対する治療も行います。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集