胃の不調で、お悩みの方へ

ピロリ菌の除菌治療(注意点)

これからピロリ菌の除菌をはじめていくのですが、
注意点はいくつかあります。
一番大事なことは、朝夕に1回を7日間飲み続けることです。

 

 

これは1回でも飲み忘れると、ほとんど効果が無くなるので、
絶対に忘れてはいけないのです。

 

 

このときに失敗しますと、同じ薬ではピロリ菌が耐性を持つので、
二次除菌という方法もありますが、同じ除菌をするならば、
一次除菌を確実に行いまして、治療した方がいいでしょう。

 

 

またピロリ菌の除菌にかぎらずに、
薬というものは副作用というものがありまして、
効果の強い薬は、副作用も強くなります。

 

 

ですのでピロリ菌の除菌中は、薬の副作用が出ましても、
よほどの症状でなければ、飲み続けることが大切です。

 

 

ピロリ菌の除菌薬による副作用としては、
次のようなことが起こります。

 

 

・軟便や下痢

 

便がゆるくなったり、下痢になったりします

 

 

・味覚異常

 

食べ物の味がいつもより変に感じたり、
苦味や金属のような味が感じられたりします。

 

 

・AST(GOT)やALT(GPT)の変化

 

肝臓の機能の検査値が変わることがあります。

 

 

・アレルギーの症状

 

発疹やかゆみがあらわれることがあります。

 

 

ただし、発熱・腹痛をともなう下痢や便に血が混ざっている場合、
あるいは発疹やかゆみがあらわれた場合は、
すぐに薬を飲むことはやめてください

 

 

そしてただちに、かかりつけのお医者さんや薬剤師に連絡します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集