胃の不調で、お悩みの方へ

胃(消化器)の検査とは?

胃(消化器)の検査とは?記事一覧

胃(消化器)の検査とは?

初診時の検査で異常が見つかれば、さらに詳しい検査をするのはわかりますが、どのような検査があるのでしょうか。そこで消化器で、どのような検査が行われるのか、調べてみましたので、次項から紹介しま

≫続きを読む

 

胃(消化器)のX線検査

X線検査とは、食道・胃・十二指腸に、病気の可能性があるときにおこなわれます。バリウムと同時に飲む発泡剤を飲んで、発泡剤から出るガスとバリウムの組み合わせで、病気を見つけるレントゲン検査です。検査方法は次のようになります。・前準備(前日)胃の中に食物が残っていると、正確な診断ができないので、前日は軽く...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の超音波検査

超音波検査とは、体にプローブと呼ばれる器具を当てまして、そこから超音波を発しまして、体内の臓器に反射して、跳ね返ってくる信号(エコー)を解析して画像化する検査です。信号(エコー)を解析するので、エコー検査ともいわれていて、超音波は昔から、検査に使われているのです。体に負担がないので安全で、得られる情...

≫続きを読む

 

胃(消化器)のCT検査

CT検査とは、X線をらせん状に照射しまして、得られた情報をコンピューターで解析しまして、体のあらゆる部分の断層像を診る検査です。性能の良いCT装置では、短期間で数ミリの厚さで撮影できて、体に対して横方向だけでなく、縦方向の画像も撮影できます。さらに、機種によっては立体的な三次元構造を見ることもでき、...

≫続きを読む

 

胃(消化器)のMRI検査

MRI検査とは強い磁場と電磁波を利用して、体のあらゆる断層像を得る検査になります。検査時間はCT検査よりも少し長くなりまして、15分〜30分くらいです。開発当時は撮影時間がかなりかかりましたので、骨や関節などの整形外科疾患・婦人科疾患脊椎や脳などの神経疾患が対象でした。ですが現在では撮影時間は大幅に...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の内視鏡検査

内視鏡検査とは、先端に小型のカメラ(CCD)を取付けた、細長い管(直径約1cm程度)を消化管に入れまして、その内部を観察する検査です。検査をする臓器によって、検査の手法は違いますが、上部消化管(食道・胃・十二指腸)の検査は、口から内視鏡を入れます。最近では鼻から内視鏡を入れる、「経鼻内視鏡検査」も普...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の内視鏡検査の手順と注意点

内視鏡検査は次のような方法で行われます。・事前検査検査を安全に行うために、転進状態を把握する検査(血液検査・尿検査・心電図検査など)や、感染症(肝炎ウィルスなど)のチェックが行われます。検査の際に使われる、幾つかの薬剤の適応もチェックされます。検査で使用される薬剤には、検査前に使用する局所麻酔(のど...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の内視鏡検査が受けられない可能性のある方

以下に該当する方は、内視鏡検査ができない可能性があります。・局所麻酔剤アレルギーのある場合局所麻酔のときに、具合が悪くなったことはないか。・値がサラサラになる薬などを使用している場合別表を参考にしてください。また、今飲んでいる薬のリストを、医師に提出しましょう。・虚血性心疾患の有無狭心症や心筋梗塞な...

≫続きを読む

 

投薬中に胃(消化器)の内視鏡検査をするときの注意点

以下の薬を飲んでいる方は、検査が受けられない可能性がありますので、事前に医師に申し出て、相談しましょう。薬剤名薬の種類これらの病気の治療に使われますワーファリン抗凝固薬血栓塞栓症(心筋梗塞・脳梗塞など)の予防・治療アスピリン・バファリンなど抗炎症薬/抗血小板薬消炎・鎮痛・解熱。また関節リウマチまた心...

≫続きを読む

 

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集