胃の不調で、お悩みの方へ

胃(消化器)の超音波検査

超音波検査とは、体にプローブと呼ばれる器具を当てまして、
そこから超音波を発しまして、体内の臓器に反射して、
跳ね返ってくる信号(エコー)を解析して画像化する検査です。

 

 

信号(エコー)を解析するので、エコー検査ともいわれていて、
超音波は昔から、検査に使われているのです。

 

 

体に負担がないので安全で、得られる情報も多いので、
行われる頻度が、最も高い検査のひとつになります。

 

 

検診でも良く使われまして、
妊娠中の胎児のチェックにも使われるのです。

 

 

また超音波は、血液の流れを観察したり、
肝臓がんなどの治療に使用されることもあります。

 

 

対象の臓器は主に、肝臓・胆のう・胆管・腎臓・すい臓・ひ臓
子宮・卵巣・膀胱・前立腺・大動脈・リンパ管
ですが、
病的な状態、例えば腹水などの合併症も判断できるのです。

 

 

ですが、胃腸の場合はひどい便秘などで、
胃腸の中にガスや便塊があると、超音波がはね返されてしまい、
正確な判断ができないことがあります

 

 

検査の当日は、食事も水分もとらない状態で検査をします。

 

そうしないと、胃の中に食べ物が残っている場合に、
奥のすい臓が見にくくなったり、食事をすることで、
胆のうが収縮してしまうなどの、デメリットが多いからです。

 

 

検査自体は約10分程度です。
検査では、体とプローブとの接触をスムーズにするのに、
ゼリーを塗ってから検査をします。

 

 

検査中は、呼吸の指示や体位を指示されますので、
その指示にしたがいましょう。

 

 

また膀胱などの骨盤内の臓器を検査する場合は、
膀胱に尿が溜まっている状態が望ましいので、
検査の目的によって、検査前に飲水を指示されることもあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集