胃の不調で、お悩みの方へ

胃(消化器)の内視鏡検査

内視鏡検査とは、先端に小型のカメラ(CCD)を取付けた、
細長い管(直径約1cm程度)を消化管に入れまして、
その内部を観察する検査です。

 

 

検査をする臓器によって、検査の手法は違いますが、
上部消化管(食道・胃・十二指腸)の検査は、
口から内視鏡を入れます

 

 

最近では鼻から内視鏡を入れる、
「経鼻内視鏡検査」も普及してきています。

 

 

胃の検査をするときに使われることが多いですので、
胃カメラ検査ともいわれています。

 

 

・観察範囲

 

 

上部消化管内視鏡検査では、十二指腸の途中まで観察できます。
それより奥にある小腸は、通常の内視鏡では長さが足りないので、
観察はできないのです。

 

 

大腸内視鏡のように、下剤を使用する必要はありませんが、
検査当日は、朝から絶食をする必要があります。

 

 

内視鏡は、口→咽頭→食道→胃→十二指腸の順に入りますが、
観察の順番は必ずしもその通りではないのです。

 

 

観察のためには、十分に空気を入れて消化管を膨らませたり、
場合によっては水で洗うなどをして、
時間をかけて観察しなくてはならないからです。

 

 

例えば、最も時間をかける必要のある胃を初めから観察しますと
検査の早い段階で、大量の空気を入れることになるので、
検査を受ける患者さんの苦痛は大きくなります。

 

 

医師は、検査の目的・重点観察部位などを考えながら、
検査手順を組み立てていきます。

 

 

次項では、内視鏡検査の手順と注意点を紹介します


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集