胃の不調で、お悩みの方へ

胃(消化器)の検査とは?(初診時)

胃(消化器)の検査とは?(初診時)記事一覧

胃(消化器)の検査方法とは?(初診時)

通常は病院に行こうと考えるときは、何らかの症状があるときだと思います。病院に行くと、担当医はその症状を聞いて診断をして、可能性のある病気を考えて、必要であれば検査をします。検査としては、尿検査はよくおこなわれますし、場合によっては、血液・便検査もおこなうでしょう。ですが私の経験では、検査結果で異常の...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の尿検査

私の経験では、内科に初診で行いきますと、だいたいは尿検査ができるかを聞かれます。そして、順番を待っている間に結果は出ていますので、初診時に患者の状態を把握するのには、すぐに結果が出るのでおこなわれるのでしょう。ですが異常がなければ、項目ごとの説明はされないことが多いと思います。そこで調べたものを以下...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の便検査

便検査をする目的とは、便の中に、血液が混ざっていないかを確認するもので、主に大腸がんなどの病気がないかを調べます。化学的便潜血検査と免疫学的便潜血検査がありますが、現在の主流は、免疫学的便潜血検査の方です。免疫学的便潜血検査は、人のヘモグロビン(赤血球の成分)だけに反応する検査なので、食事制限は必要...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の血液検査(末梢血検査)

血液検査の末梢血検査とは、血液の成分の赤血球・白血球・血小板の数や種類の検査です。・赤血球赤血球は全身に酸素を運んで、二酸化炭素を回収します。血液に中には、一定数の赤血球が存在するのですが、検査では減りすぎ(貧血)や、増えすぎ(多血)を調べます。赤血球の数に異常があれば、その原因を調べる必要がありま...

≫続きを読む

 

胃(消化器)の血液検査(生化学検査)

血液中に含まれている様々な成分を分析して、病気の診断や治療の判定などをします。項目としては以下のものがあります。○総たん白・アルブミン値血液の中のたん白の濃度です。消化・吸収された栄養素は肝臓に運ばれまして、肝臓は必要な分だけたん白に換えまして、血中の濃度を一定に保つのです。この数値が低い場合は、消...

≫続きを読む

 

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集