胃の不調で、お悩みの方へ

胃(消化器)の血液検査(末梢血検査)

血液検査の末梢血検査とは、
血液の成分の赤血球・白血球・血小板の数や種類の検査です。

 

 

・赤血球

 

 

赤血球は全身に酸素を運んで、二酸化炭素を回収します。
血液に中には、一定数の赤血球が存在するのですが、
検査では減りすぎ(貧血)や、増えすぎ(多血)を調べます

 

 

赤血球の数に異常があれば、その原因を調べる必要がありますが、
特に多血の場合は、血がドロドロになって血管が詰まる病気の、
心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなるので、注意が必要です。

 

 

・白血球

 

 

免疫やアレルギーに関係した血球で、
好中球・リンパ球・単球・好酸球・好塩基球の5種類があります。

 

 

検査では白血球の増減を調べるのですが、
その種類を確認することが大切です。

 

 

例えば好中球が増えますと、細菌などの感染症が疑われます。
好酸球が増えると、アレルギー疾患などが原因のことが多いです。

 

 

健康な人の血液にはまず存在しない、幼弱白血球が見られる場合、
重症の感染症や白血病が疑われます。

 

 

このように白血球の検査は、総数だけでなくその分類も大切です。

 

 

・血小板

 

 

止血をするときに、重要な役割を持つ成分で、
その増減には血球自体だけでなく、
例えば肝硬変など他の疾患の影響もあります。

 

 

血小板に異常がある場合は、精密検査が必要になります


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集