胃の不調で、お悩みの方へ

胃(消化器)の血液検査(生化学検査)

血液中に含まれている様々な成分を分析して、
病気の診断や治療の判定などをします。
項目としては以下のものがあります。

 

 

○総たん白・アルブミン値

 

 

血液の中のたん白の濃度です。

 

 

消化・吸収された栄養素は肝臓に運ばれまして、
肝臓は必要な分だけたん白に換えまして、
血中の濃度を一定に保つのです。

 

 

この数値が低い場合は、消化器官や肝臓の病気
また消耗性の病状(体が弱っていく病状)が疑われます。

 

 

○総ビリルビン値・AST(GOT)・ALT(GTP)
 γ−GTP・ALP・LDH

 

 

AST・ALT・γ−GTP・ALP・LDHの数値が高いと、
肝臓に障害のある可能性が高く
肝細胞が破壊される病気が疑われます。

 

 

ビリルビン値が高い場合は、
肝臓に障害があったり、ビリルビンの含まれる赤血球が、
高度に破壊される状況では値が上昇し、黄疸として現れます

 

 

ASTとALTはどちらも肝臓に含まれる酵素で、
この数値が高いと肝臓の障害の疑いがありますが、
どちらが優位かで、病気の原因を推定できることもあります。

 

 

γーGTPが高い場合は、肝臓や胆管の細胞が破壊されたり、
アルコールが原因の肝障害が疑われます。

 

 

ALPが高い場合は、胆道系疾患の他、
骨や小腸に関した病気が疑われることもあります。

 

 

LDHが高い場合は肝障害だけでなく、
赤血球・筋肉・腫瘍の病気のサインの可能性もあります。

 

 

ALPやLDHでは、アイソザイムという酵素の測定が、
病気の診断に役に立つ可能性もあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集