胃の不調で、お悩みの方へ

頻繁でるげっぷと胃の病気とは?

げっぷとはおくびともいいまして、
胃にたまった空気が食道へ流れていきまして、
口から外へ出て行く現象です。

 

 

胃には普段からある程度の空気がたまっていて
下部食道括約筋が、胃酸や空気の逆流を防いでいるのです。

 

 

ところが胃の中の空気が増えて、胃の中の圧力が高くなると、
この筋肉がゆるんで食道に空気がもれて、げっぷが出るのです。

 

 

ただし、頻繁にそして断続的におこる病的なげっぷ以外は、
あまり心配することはないのです。

 

 

げっぷの原因

 

 

・空気嚥下(えんげ)症

 

 

若い人に多く、精神的ストレスも関係しているといわれています。

 

 

また食事のときに、よく食物をかまないで食べる人は、
空気を飲み込みやすく、これも原因のひとつと思われます。

 

 

飲み込んだ空気が、すぐにげっぷとして出るタイプの人と、
空気が肛門のほうへ移動して、
胃腸に大量のガスがたまるタイプの人に分かれます。

 

 

多くはストレスと関連がありますので、
抗不安薬が効果的な場合もあります。
胃・十二指腸潰瘍、胃炎などが原因のこともあります。

 

 

・胃がん

 

 

幽門狭窄(きょうさく)症という胃の出口が狭くなった状態では、
食べた食事や飲み込んだ空気が、少しずつしか小腸のほうへ、
流れていかないのでげっぷが出やすく、嘔吐も伴うことがあります。

 

 

幽門部に進行がんが発症した場合は、特に症状は顕著となります。

 

 

・機能性胃腸症

 

 

機能性胃腸症で、胃が正常に運動しなくなった場合にも、
げっぷが出やすくなることがあります。

 

 

機能性胃腸症については、こちらでしょうかいしています。

 

 

このような状態を識別するのに、
レントゲン検査や内視鏡検査などをおこないます。
バリウム検査やCT検査が、役に立つ場合もあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集