胃の不調で、お悩みの方へ

食前・食後に胃が激しく痛む

痛みの感じ方は、人によっては違うと思いますが、
胃酸が関係します胃痛は、胃の壁の内側の末梢神経が、
胃酸に刺激されたときに感じるものです。

 

 

胃酸に関係するただれや潰瘍の痛みは、
焼けるように痛んだり、物を食べると痛んだりといった、
短時間の痛みが多いのが特徴です。

 

 

また、同じ胃の痛みでも、食べ過ぎた場合の痛みは、
胃が膨らむことでおこりまして、
お腹がつっぱて感じる痛みですので、感じ方が違うのです。

 

 

胃酸には、食物を殺菌したりどろどろの粥状にする、
大切な役割がありますが、胃自身を傷つけることがあります
(理由についてはこちらをご覧ください)

 

 

そうなりますと、胃痛・胸焼け・もたれ・むかつき
このような症状があらわれます。

 

 

食前・食後に胃が激しく痛む際に考えられる病気

 

 

・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

 

 

胃潰瘍についてはこちら、十二指腸潰瘍についてはこちら

 

 

・胆石症

 

 

胃が痛むことはありませんが、
胃の近くの上腹部やみぞおちが痛みます。

 

 

・急性膵炎

 

 

胃の近くの上腹部やみぞおちが痛みます。
膵臓は胃の背中側にありますので、
背中に痛みを感じることも多いのが特徴です。

 

 

・急性虫垂炎

 

 

いわゆる盲腸です。
虫垂炎の初期には、身体の中心に感じる痛みが生じます。
主に胃の付近で、上腹部痛として感じることが多いのが特徴です。

 

 

・腹部大動脈瘤

 

 

動脈瘤の場所によっては、腹痛と間違われることが多く、
この場合には胃痛と紛らわしいのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集