胃の不調で、お悩みの方へ

吐き気・嘔吐と頭痛(くも膜下出血)

脳は外側から硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)の、
3枚の膜でおおわれています。

 

 

くも膜の下には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体があり、
この部分に出血がおこるのがくも膜下出血です。
働き盛りの人に起こりまして、死亡率も高い病気なのです

 

 

くも膜下出血の一番多い原因は、
脳の動脈がこぶのようにふくれてそれが破裂します、
脳動脈瘤破裂(のうどうみゃくりゅうはれつ)なのです。

 

 

くも膜下出血の症状としては、
頭全体、時に前頭部、後頭部などに頭痛が起こります。

 

 

同時に吐き気、嘔吐、首の後ろがこる、などの、
髄膜(ずいまく)刺激症状が起きます。

 

 

くも膜下出血検査と診断は、
今までに経験したことのないほど強い頭痛が突然起こって、
その頭痛が続いていればくも膜下出血が疑われます。

 

 

ただちに頭部CT検査を行って、頭蓋骨の内側で、
脳の周囲に出血を示す画像が見られれば、診断はつくのです。

 

 

その後、すぐに脳血管撮影を行いまして、
破裂した脳動脈瘤や脳動静脈奇形の診断をします。

 

 

破裂した脳動脈瘤によるくも膜下出血の場合は、
再破裂予防のため、可能であれば手術を行います。
通常は動脈瘤に対して、クリッピングという手術をします。

 

 

今までに経験したことがないような頭痛が起こりまして、
それが突然発症して持続するものでしたら、
ただちに脳神経外科の専門医のいる病院を受診してください。

 

 

軽い頭痛であっても、念のため受診しましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集